松岡の歩み

ECO HOUSEの歩み

ECO HOUSEの歩み

1986年〜
2000年〜
2004年〜
  • 001. 瓦

    彩色スレート瓦では、遮熱性、耐水性がきわめて低い。また日本の素焼き瓦は、棟換気性能がなく、雪国での耐久性を持たない瓦が多い。ECO HOUSEは、屋根の熱を棟から排熱し、豪雪にも耐える強さをもつGERMAN瓦を採用。

    彩色スレート瓦

    素焼き瓦

    GERMAN瓦(Gルーフ)

  • 002. 雨樋

    塩ビ製雨樋では、紫外線に弱く、変色や割れも発生する。アルミ製でも、強度は弱く変形する。ECO HOUSEは、紫外線劣化もなく、人もぶら下がれる強度をもつ、チタン合金雨樋を採用。

    塩ビ製雨樋

    アルミ製雨樋

    チタン合金製雨樋

  • 003. 窓

    PVC樹脂製の窓では、紫外線による変色、劣化現象が確認された。また一般的な木製WINDOWでは防犯性に問題がある。ECO HOUSEは、高い断熱性能があり、結露はぜったいに発生せず、防犯性、遮音性を備えた木製フレームのGERMAN WINDOWを採用。

    PVC樹脂の窓

    木製トリプルガラス

    GERMAN WINDOW

  • 004. 断熱材

    ガラス繊維系断熱材では、結露や断熱性能に不安があり、石油系断熱材では、防火性能や環境性能に疑問がある。ECO HOUSEは、環境に優しく、結露の発生しない木からできた環境断熱®ECOボードを採用。

    ガラス繊維断熱材

    石油系断熱材

    環境断熱®ECOボード

  • 005. 塗料・内装

    石油系、有機溶剤系の塗料では、室内空気汚染を防止できない。自然塗料の中にも、アレルゲンを持つ塗料もある。ECO HOUSEは、シックハウスを予防し、塗り重ねるメンテナンスが可能なECOペイントを採用。

    石油系塗料

    自然素材系塗料

    ECOペイント

  • 006. 設備

    塩ビ製水道管をとおった水は、人体に影響のある環境ホルモンが検出される。架橋ポリエチレンの水道管も、量は少ないが、同じく環境ホルモンが検出される。 ECO HOUSEは、耐久性も高く、環境ホルモンも検出されない、ステンレス製水道管を採用。

    塩ビ製水道管

    架橋ポリ製水道管

    ステンレス製水道管

  • 007. 基礎

    布基礎では構造計算も難しく、不等沈下の恐れがある。ベタ基礎工法でも、梁が地上にあり、且つ切断されているため構造計算が困難なことが多い。ECO HOUSEは、鉄筋量を増やし、構造計算が確実に可能な地中梁ベタ基礎工法で耐震基礎を完成させる。

    布基礎工法

    ベタ基礎工法

    地中梁ベタ基礎工法