BaumRoomの防露性能
-超省エネルギーアパート経営-

BaumRoomの暮らし

未来に永くあり続ける世界基準の超省エネルギーアパート

1
熱貫流率 0.75W/m²Kの木製窓が
「表面結露」を防ぎます

多くの住宅では、壁や窓ガラスは暖かい部屋の空気と冷たい外の空気の両方と接するため温度差が大きくなり、冬季と梅雨時期には「表面結露」が最も起こりやすくなる場所と言えます。
表面結露が発生すると、その周辺にカビやダニが発生しやすくなり、カビの胞子やダニの死骸やフンを吸い込むことで「ぜんそく」や「アトピー」それに「アレルギー」の原因にもなってきます。

BaumRoomの木製窓は真冬でも外気の影響で冷たくなりません。
そのため、窓の結露を限りなく抑え住まいの大敵であるカビの発生や建物の腐食を防止します。

BaumHaus - 木の窓の室内

撮影:2018年2月13日 18:00 外気温:4.6℃
木の窓・木の断熱材・24時間暖房

アルミサッシの窓の室内

撮影:2018年3月7日 19:00 外気温:4.3℃
アルミサッシ・グラスウール・床暖房

2
気づかないうちに建物を腐らせる
「内部結露」を透湿性外皮が防ぐ

窓や壁が濡れる「表面結露」は目で確認できるためある程度の対策は可能ですが、水蒸気が壁の中に入り込んで壁の内部で発生する「内部結露」は住まい手にとって確認することはほとんどできません。そのため、月日が経つと壁の中でカビの発生や柱や土台の腐食が進み断熱性能の低下や、健康被害、建物の劣化が進んでしまいます。

内部結露を防ぐためには、
水蒸気を通す透湿性の外皮(外壁と断熱材)が不可欠です

BaumRoomの外壁と木製断熱材は水蒸気を通すことで結露を防止し、断熱性能を保って住まいを長持ちさせます。

資料請求・見学会・
お問合せはこちら

■電話でのお問合せ

注文建築事業部 / メンテナンス・リフォーム / エクステリア事業部

tel:048-291-0707
048-291-0707

[受 付]10:00 - 18:00
[定休日]水曜日

■メールでのお問合せ